こぐまの種まき

music+book,and daily




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




空海 :: 2016/01/24(Sun)

ジョーズが屏風に上手に坊主の絵を描いた

まじかよ、ジョーズやるな・・

図書館で借りた、高村薫 『空海』 を読みはじめました


          雲水


はじめの、空海について取材した経緯を語る中で、震災の被災地における宗教について触れられていました
3.11の震災当時、どこかで読んだ、瓦礫の中を読経してまわる若い僧侶についての記事のことを思い出しました
個人的なことですが、その頃わたしは自分の無力さゆえに失意のどん底にあり(震災とは直接関係ありません)、そういう自分を受け入れようともがいていた時期で、ひたすら言葉を探しては大学ノートに書き留めたりしていました
当然、少しは宗教について考えたりもし、その記事についても書いているかと探したら、ありました


 津波被災地に鎮魂の読経
 28歳の僧侶
 「師に、私は何もできないということを学んできなさい、と言われた。 瓦礫を前に、何でかわからないが、ただ謝るしかない」
 

久々に開いたノートだけど、なんか、意外に情報少ない・・
ただ、見知らぬ魂のために読経するその僧侶が共に苦悩する身近な存在であることに、自分なりに救いを感じ記したのだろうと思いますが

そんなこんなで、いちいち引っかかってはあれこれ考え始め、寄り道が多く遅々として進みませんが、返却日があるのでしっかり読まねばと思います


ところで、空海ってかっこいいですよね・・(結局、煩悩まみれ)








スポンサーサイト
  1. タカムラ&イラスト
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




カムサ寒ニダ :: 2016/01/17(Sun)

今年一発目のぎっくり腰のあと、年末の風邪が鰤の返しでナチュラルなフラダンスを舞っております
数日間頭痛が治まらず鎮痛薬を飲みすぎた結果、胃薬が加わるという・・
このひと月ほど健康面では絶不調ですが、今年はまだ始まったばかりなので、そのうちに絶好調な時も訪れるでしょう・・
訪れるかな・・


映画チャンネルで、韓国のアクション映画 『ある会社員』 をやっていました
観たいと思ってた作品なので、ストーブつけて、ひざ掛けかぶって、ごろごろしながら観る


      arukaisyain.jpg

※ネタバレ部分白抜き
内容は、表向きフツーの企業が実は暗殺組織という設定
“正社員”はいわゆる暗殺者で、レクリエーションに出掛けたりとか、昇進祝いしたりとか、見かけは本当に普通の会社
正社員である主人公の男は、非常に有能なわけです
良心の呵責とも折り合いをつけながら淡々と仕事をこなしていたわけだけど、ある女性との出会いをきっかけに組織を抜けたくなるんですね
当然、足抜けを許さない会社は彼を解雇=処分しようと動き、やがて1人×組織の抗争に発展、血で血を洗うドンドンパチパチ・・
 というお話
流れはベタだけど設定はおもしろいです
社畜よ、目覚めよ!っていう風刺も込められていると思うけど、まあそこはいっか・・と
映画の見どころであるアクションがいいです
カメラワークが上手くて、最初の掴みの場面で、これはアタリだって思ったもの
韓国映画は、設定がアレでもなぜかどれもフレッシュに感じるし、とにかく押しきっちゃう力がある
変に冒険したりせずに、エンターテイメントに徹してるところがいいのかもしれない
役者陣も奥行きがあるっていうか、裾が広いっていうか

気付けばすごい褒めてるな・・


さて、秋に図書館に予約していた、高村薫の 『空海』 の順番がやっときました
今日はのんびり読書でもして、しっかり体調整えよう
明日の予報は雪マークです
どうりで寒い
みなさんもご自愛ください・・







  1. 映画・ドラマ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2




年頭のごあいさつ :: 2016/01/05(Tue)

あけましておめでとうございます

念願の卵焼き用の四角いフライパンを購入し、美しいだし巻き玉子が作れた2016の春でございます

年末からの風邪でほぼ外には出ずに、『孤独のグルメ』 をひたすら観るだけのお正月でした
ゴロゴロしていても一向に治らないので、初詣に行ってきました
お隣りの市からぐるりと海沿いを廻って、二社参り
心地よい疲れを感じつつ、年末にもらった金柑がそのまま置いてあったのが気になっていたし、いい加減傷みそうだったので取りかかることに
半分は近所のおじさんに分けてあげようと思っていたものの、やや日が経ちすぎているので自家処理
ヘタを取るのに親指の爪が深爪?になってしまい、果汁の沁みること・・
「痛みは無視する」 という孤独な傭兵ジョン・ランボーの滑舌の悪いセリフを思い出し、「エイドリアーン!」と叫びつつ(それはロッキー)、ひたすら種を取りだし、半分はピールに、半分はジャムにしました

で、やり遂げた感に浸りながらお風呂に入り、さあ寝ましょうと思ったら腰に激痛が走り、そのままお地蔵様のごとく固まってしまった
えっと、どうやって立ち上がるんだっけ・・?

うう、痛い
ああ、切ない

痛いと切ないが交互に訪れるこの感じはたしか・・


ぎっくり腰 PartⅡだす

すみません、ランボー師匠・・
切なさは無視できません・・

2016年の抱負が決まりました



     筋トレ



です


今年もよろしくお願い申し上げます









  1. ひとりごと
  2. | trackback:0
  3. | comment:2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。