Entries

覗き穴の誘惑



   yakuzatokenpo.jpg


『暴力団対策法、暴力団排除条例が布かれ、ヤクザは全国で6万人を割った。この3年で2万人が組織を離脱した。しかし数字だけでは実態はわからない。ヤクザは、今、何を考え、どんな暮らしをしているのか? 大阪の指定暴力団「二代目東組清勇会」にキャメラが入る。会長が15年の実刑判決を受けた殺人事件は暴対法のきっかけだとも言われる。組員の生い立ちとシノギ、部屋住みを始めた青年と実の子のように可愛がるオジキ、そして、組員の逮捕、家宅捜索の時間がやってくる・・。会長は「ヤクザとその家族に人権侵害が起きている」と語り始めた。』  (パンフレットより)



こんなん、観ずにおれんでしょうが・・

ちょっと前に、話題になった、ヤクザとて法の下では平等ではないのか?と問うドキュメンタリーで
テレビ放映と映画とは、若干の違いがある様ですが、どの辺が違うのかはみてないのでわからない
光市母子殺人事件の弁護人安田氏を撮ったドキュメント 『死刑弁護人』 と同じ、東海テレビの制作です
そこにか・・! という期待を裏切らないチョイスと、あくまで客観的に淡々と撮るスタイルが、ドキュメントポイント高くて好き

逸る気持ちを押さえながら映画館へ行くと、オジサン率高かった
オジサン 7 、 女子 2 、 カップル 1
くらいの割合でした

劇中、妙に愛嬌があるのがかえって怖い組員が、何だか不穏な感じのするピン札を茶封筒に押し込みながらニヤリとするシーンで、わたしの2つ隣りに座っていたオジサンが 「へッへッ・・」 と笑うのが一番コワかったですが

近頃の内部抗争のニュースでも注目されている山口組組長がインタビュー記事で、
 「はみ出し者や落ちこぼれを、カタギさんに迷惑かけないようにしっかりと目を光らせて束ねるのが組の役目。組が無くなったら、彼らが好き勝手やり出して大変な事になる」 というようなことをおっしゃっていた
いわゆる必要悪という理論
別番組では、「近頃はカタギの人間にも手を出したりするやつが増えて、もうヤクザを辞めたい」 と任侠が純粋に任侠として機能してるとは言い難い現状を訴える組員も
仁義みたいなものはエネルギーにも足枷にもなるし
なんだか、ヤクザの原理主義というか、信心というか、宗教的な側面もあるのかな

人の感情として、社会のルールにどうにも沿えないということも大なり小なり、そりゃああるでしょうし
その人が反社会的だといって問答無用で生活の何もかもをバッサリ切って捨てるという考えは怖いです
理解や共感の余地が少しでもある限り、断罪はないのでは


映画は、彼らの日常のほんの一部を垣間見ただけではあるけれど、興味深かったです



   








ナイスミドル


今年のチューリップは、あまり丈が伸びないまま蕾が付いてしまった
2年越しの球根を、あまり労わらないまま咲けと言うのも無理な話かなと反省

雨の日曜日
無性に高野豆腐の含め煮が食べたくなり、鶏をミンチにして挟んでみたりして
その上茶碗蒸しまで副えるという・・
日頃、切る→ぶち込む→終了! と言う感じの料理とも呼べない料理しかしないわたしにしては、挟むとか、漉すというのはかなり先進的でありまして
鶏はこね方が足りずやや硬かったものの、どちらもやさしいお味でよろしゅうございました

そういえばなんだか、ばあちゃんが買ってくるようなシブい菓子とかを好んで買うようになったもんな・・
たまにわたしの中の眠れる野獣が脂の滴るカルビを欲しがることもあるけどもな!

見知らぬ人と何一つ気負わずに会話が出来る、とか、逆に、見知らぬ人から警戒されずに話しかけられるようになったり
「ああ、これは中年として世間に認められたな」 とか思ったりするわけです
あの、暗黒の思春期や、若さだけが取り柄なのにそれさえが疎ましかった青春時代を思うと、
いいね
楽です






Appendix

最新記事

プロフィール

こぐま

Author:こぐま
日常のこと、本、音楽のことなど
イラストをごくまれに描きます 
あやしいものではありません

QRコード

QR