こぐまの種まき

music+book,and daily




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




悲しきピエロ :: 2016/05/30(Mon)

B府温泉のホテルの立ち寄り湯へ行ってきました
フロントのお姉さんが、「地震以来、県外からのお客さんが少なくなって、でも地元の方がよく来てくださいます」 とおっしゃっていました

アハハンと温泉に浸かっていると、外国の方が入ってきて 「ツーホット!」 とはにかむ
秘儀・微笑み返しで応じるわたくし

先に上がると、バスマットの上に草履が、休憩用の椅子に浴衣が脱ぎすててあり、後で上がってきた彼女に
「しゅ~ずはひあ~、ゆかたはひあ~」 と流暢に説明してやりました
昔ちょっとだけかじった、聞くだけ英会話・スピード〇ーニングが役に立った瞬間です (※個人差があります)

あとでエレベーターで一緒になったので、「サイトシ~ン?」 と話しかけたら 「ワカリマセン」 と

いや解るだろ
ドントシンク・・フィ~ル、だろ
素人なりに全力で投げてんだから、君も全力で打ち返したまえよ

そして扉が開くと、今か今かと待っていたかのように、そそくさと降りていくフォーリンピーポー
エレベーター内にひとり残され、お・も・て・な・しスマイルのやり場なく、無言のわたくしでありました

ハァ~ビバのんのん








スポンサーサイト
  1. ひとりごと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




手と手 :: 2016/05/28(Sat)

エアフォースワンのかっちょよさと、黒塗りの車列の物々しさに見入ってしまった昨日の夕方でしたが
その異世界ぶりゆえに、オバマ氏の仕草やスピーチから、人間らしい根源的な悲しみが際立って感じられたような気がします
71年という遠かったヒロシマへのこの一歩と言葉は、多くの犠牲者にとって、あらためて死者に語りかけ、わだかまりのとける瞬間であったり、戦争を知らない私たちの世代もそれぞれに受け止めた一日だったと思います
オバマ氏が臨席の被爆者・森さんの背中に手を置き、その森さんの表情を見たら、涙が出ました
いくら語っても語り尽くせないであろうご苦労と、単純には答えの出ない苦しみを今も抱え続けていることを思うと、感謝しかないです

世界中のかつての対戦国同士が 「いやあ、お互い辛かったよね、もう戦争はこりごりだね」 と語り合えるといいなあ

 “駆け引きのない平和な社会”

これに尽きる








  1. ひとりごと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




あたため中 :: 2016/05/24(Tue)

梅雨が近くなり、蒸し暑い夜は、もう蛍がちらほら舞いはじめました

3日ほど前から、寝室の北側の窓の外で頻繁に鳩の羽音が聞こえるなあと
その後、換気のために窓を開けるたびに慌てて飛び立ったりするので、これは近くに営巣したな?と
周囲を見ると、電線の上で、材料の小枝をくわえたキジバトが、不安そうにわたしをチラ見していました
今朝、レースのカーテン越しに静かに窓を開けてみたら、思いっきり目が合った
目の前のコニファーにお住まいの模様
抱卵から巣立ちまで30~40日ということなので、これから長雨になれば窓を開ける機会も少ないかと思うので、ちょうど良い
キジバトは、雄と雌で朝夕の交代勤務です
しばらくは窓を開けないことにします

実家の金木犀には半月ほど前からヒヨドリが巣を作り、数日前には雛の声も聞こえるようになりました
親鳥が近くの茂みでピーッと鳴くと、雛が小さくチュチュチュと鳴く

かわゆいのう

緑がまぶしくなって、賑やかな季節です







  1. ひとりごと
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




足のジョー :: 2016/05/14(Sat)

恋愛に溺れるあまり周りが見えなくなり
その結果、スルメイカのように干したり干されたり
のしたりのされたり

けど、その時は本当に楽しすぎたんだろうね・・
よくわかりませんが
その1点においてのみ、ちょっとうらやましい気もする


さて、先の連休(ネタが古くてすみません)、わたしといえば飛び石だったし人は多いしで
道ならぬ恋に溺れることもなく、いたって健全に草むしりしたり、庭に野菜を植えてみたりでした
ミニトマトにナス、ピーマン、ゴーヤ、そしてエダマーミー※ニューヨーカーはそう呼ぶ) 
とにかく自家製のエダマーミーは味が濃くて超絶美味です
豆好きなマメラーさんは、プランターでもいいから、ぜひ植えることをお薦めします

そして、私の虚弱ぶりを知ってか知らずか登山に誘われ、祖母山あたりを計画するも地震がちょっと不安ということで、地下断層の無い地域を選んで軽いハイキングに行ってきました

農業と山・・

合田氏に後ろから「右足!」とか罵られながらだったら、わたしもチョモランマくらい登れる気がする(嘘です)

そういえば、その機に登山用の5本指ソックスを購入したのだけど
あれを履くときの、あの中指より外の指たちの無力感といったら
特に薬指は気付けば見失ってしまう
おまえは指だ! 立つんだジョー! とキルビル版・丹下段平風に激励するも、どうにもやる気のおこらないジョーなのだった

足の薬指を自在に動かす人がいたとしたら、マジ超人







  1. ひとりごと
  2. | trackback:0
  3. | comment:4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。