Entries

メガネ元年


ショッピングモールの駐車場で、マイケル・ジャクソンみたいに後ろ向きでカートを戻しに行く白髪のご婦人がおりまして
背後で車がバックで出ようとしているのにも気付かず、ウッキウキな感じで下がってくるわけです
運転手を右手で静止しつつ、ご婦人に 「危ないですよ」 と声を掛けたら、「ああこれはね、ためしてガッテン!で後ろ向きに歩くといいと言ってたから!」 とそのまま軽快なバックスウェーで行ってしまった
なるほど、ガッテンガッテン!
いや、轢かれる・・


さて、お手元がぼんやりと五里霧中な風情を醸し始めてはや1年・・
マイ・ファースト・レボリューションならぬ、マイ・ファースト・メガネ作りました

実はずっと、百均の “学研の付録の虫めがねをフレームに入れただけ“ みたいなやつを使用しておりまして
というのも、眼科の先生が
「老眼は進行しかしないから、あんまり早くメガネ作んなくていいんじゃない? まだ百均でいいよ、百均で!」
とファンキー?なことをおっしゃったものですから
しかしですね、やはり人前で取り出したメガネが百均というのはどうもお恥ずかしい(気付かれたことはないです)
で、勇んでメガネ屋さんに行ったわけです
そこで、視力測定のお姉さんが
「乱視と遠視がありますよ。目が疲れるでしょう? それが原因で手元が見えづらい可能性があります。老眼はさほど進んでいません」
と、谷底に突き落としておいて手を差し伸べるみたいなツンデレなこと言うのです
日頃から、お月様が2つあるな・・と思ってはいたのですが、それを乱視というのだと初めて知りました
結局、手元が見えないのは日常的に仕事や読書などで困るので、“乱視矯正+お手元用” を作りました
数回かけてみたものの、ものの1分で肩が凝りはじめ、目の奥が痛みだし、オエ・・となる
無理をして使っていたら、お巡りさんに職質されそうなくらい目の下のクマ五郎がすげーことに
年齢を重ねてからのメガネは慣れにくいという話もあり、ボチボチ慣らすしかないです
しかし、長年のメガネマスターの友人の話によれば、乱視矯正が強すぎるとオエッとなるよと
ひと月程使ってみて改善されなければ、レンズを作りなおしてもらおうと思います


余談ですが
メガネのフィッティングでお兄さんが 「失礼します・・」 と言って耳元の髪をさわさわする時、自ずからどうぞと耳を差し出すべきか、余計なことはしない方がいいのか悩んだあげく、結局、無表情・直立不動で 「ややエロいな・・」 と、いらぬ感想を抱くわたしでした








レディー・下巻


暑い、暑いと嘆いた夏もじわじわと後ずさり、便座がちべたい日もある今日この頃
やっと 『L・J』 下巻を読み終わりました
いや~疲れた


実はわたくし、ヨウちゃんが結構好きで
後楽園のウインズでの半田との会話で、自殺を謀り植物状態になってしまった布川の奥さんについて
「人間が植物になるのって、ちょっといいな」
と呟くんだけど
この人の内にある何かが垣間見える瞬間というか、そういう時の彼の頭の中に見えている色とか景色とかを想像すると、なんだかすごく満たされる
たぶん、実際身近にいたらすごく気になる人だと思う
犬飼ってるし・・
絶対気になる


そして最終章、あらためて雄一郎氏とんでもねーな
正直、呆れた
前回読んだ時も呆れたけど、今回も呆れた

・・だが好きなので許す!

それはそうと、文庫はいろいろが具体的で生々しかったです
単行本はもうちょっとオブラートに包まってたような
いやどうだったかな


さて、次は・・
今の気分は 『冷血』 再読したいです
ちゃんと落ち着いた大人になっている雄一郎氏を見て安心したいというオバゴコロか 笑








Appendix

最新記事

プロフィール

こぐま

Author:こぐま
日常のこと、本、音楽のことなど
イラストをごくまれに描きます 
あやしいものではありません

QRコード

QR